2019.05.04 「KUNITOMO プロジェクト」始動

2018.05.04公開

2018年 秋、モードを中心とした「T.KUNITOMO」や和テイストなブランド「gouk」を手がけてきたデザイナー國友剛が、様々な企業やアーティストと一緒に物作りをするプロジェクトを開始します。

國友剛が今までに作ってきた洋服、靴、鞄、食器、家具などを再構築、またはその企業やプロジェクトに合わせた新たなデザインを行うなど、今までの活動の枠にとらわれない物作りとなります。
まずは着物業界において、他社とのオリジナル企画を長年に亘り担ってきたオフィスジョジョ代表の水本陽子をディレクターとしたプロジェクトが始動。

今まで、各社のブランドコンセプトをイメージした物作り、お客様のニーズにお応えする物作りを経験してきた彼女と“KUNITOMO x ジョジョ”での作品製作を開始します。
このプロジェクトの第1弾に参画する会社は、京都小泉株式会社。
京都で明治4年創設の歴史ある、着物を中心とした和のトータルファッションの会社です。その会社のブランド名である“meshimase hana”で一緒にこの度製作するのは、着物に合わせる秋冬のコートです。
冬の寒い時期に羽織るコートが同じデザインばかりでおもしろくない、襟足が開いていて寒い等、色々な意見を元に、國友がそのようなご要望にお応えすべく今まで作ったニットコートをRe-デザイン、生地探しから生産に至るすべてを新しく行いました。
長年着物に携わる京都小泉株式会社とオフィスジョジョ水本の意見を取り入れ、着物を着る人だからこそわかる拘りの部分を盛り込んだ修正をし、冬でも着物の上にコートとして羽織っていただける作品作りをしました。

このプロジェクトの作品は、ネーム部分に「KUNITOMO」というロゴを付けておりますが、KINCSのショップでは販売をいたしません。
商品(販売先・詳細etc)につきましては、下記までお問い合わせください
今後、様々なアーティストや企業様とコラボをしていく予定です。
今後のプロジェクトの進捗を楽しみにして頂けますと幸いです。
商品窓口 “KUNITOMO x ジョジョ”
オフィスジョジョ 代表 水本陽子
メールアドレス matobi.3am@yahoo.co.jp

電話 090-4909-0447

《商品画像》
  


《國友剛プロフィール》
1992年に文化服装学院を卒業。
1993年に株式会社シンクに入社後、フランス、アメリカの古着を解体して再構築した「T.KUNITOMO」ブランドをスタート。
その後インドや東南アジアの素材や伝統的な手工芸、日本というルーツを意識したコレクションを発表。
2001年に新しい日本をコンセプトにした「gouk」ブランドをスタート。
さらに新しいエスニックをコンセプトにした「kugo」ブランドもスタート。
2010年に株式会社シンクよりファッション部門を独立し株式会社KINCSを設立。
2016年にメルセデスベンツファッションウイークで1年をかけて古い着物を使った洋服100体のコレクションを発表。

《水本陽子プロフィール》
京都丸紅で企画・店舗プロデュースを経て独立し、オフィスジョジョを設立。
他社の店舗プロデュース・和雑貨・アパレルデザイン製作等を行い呉服業界にて20数年間に亘り活動中。
また、2014年に京都文化活動《matobi》を結成。
京都に限らず地方都市主催のイベントなども開催している。
その中で日中友好プロジェクトを企画し、お客様の生活スタイルにあわせた《モノ》《コト》を提案。
日本の良きものを装い、日本の文化に触れて頂く体験企画もプロデュース。